トップへ

まま守り

一人でいろんなお悩みを抱えるママのサポーター
一人でいろんなお悩みを抱えるママのサポーター

まま守りままもりサービスとは

小さなお子様を抱えるママたちを応援。

日本最大級を目指す、ままのための検索・予約ができるポータルサイト"まま守り"。

SERVICE

BLOG

子育てを少しでも楽に。
「子どもといること」がもっと楽しくなる。

子育て掲載順

CHILD REARING

夫婦掲載順

HUSBAND & WIFE

生活掲載順

LIFE

料理掲載順

COOKING

離乳食掲載順

BABY FOOD

健康掲載順

HEALTH

お金掲載順

MONEY

豆知識掲載順

TRIVIA

RANKING

  1. 子どもが出来てから喧嘩が多くなった、、

    こんにちは! 今回は夫婦のお話  私たちは結婚して5年、4歳と2歳の姉妹の親です。  夫婦だけの時よりも、子どもが出来てからの喧嘩の方が多くなりました…   何回も激しい喧嘩をする毎に解決策を講じていき、たどり着いた事があります。 それで激しい喧嘩はほぼなくなりました。  それと、脳科学的に男脳女脳の違いからも 見てみようと思います。  まずは冷静に自分の感情を観察します。 だいたい、うちの場合は家庭内の仕事量の差が大きくなった時に私の我慢の限界がくるという私なりの分析があり。 だいたい同じなら、相手の嫌な部分があってもお互い譲り合える気持ちが生まれてくることもわかりました。 また、「気付いてよ!」というのを突然言わなくなったり、嫌なことがあっても嫌な事を怒りながら言うこともなくなりました。  では、男脳女脳の違いを見てみましょう!   【女性】 ・話すときは左脳・右脳を同時に使う。両方使うので話すのがうまく、話すことを楽しいと感じるためにたくさん話す ・話す目的は人間関係を作り上げ、友人を増やすこと ・言葉は集団への参加意識をはっきり伝え、人間関係を作るために使われる 【男性】 ・空間能力、論理や知覚能力に長けている ・話すときに活発になる脳の領域はわずか ・話す目的は事実の伝達 ・言葉は問題解決を目指すために使われるので、構造が論理的で、要点を押さえており、結論がはっきりしている  ということで、脳科学的に男も女もお互いが 満足するように結果を出すことが、みんな幸せになる近道だなと思ってます!  喧嘩にならない作戦とはこちらです!  『喧嘩毎に具体策を決める』  これだけです!   男の人との喧嘩の解決に女の感情は不要です笑  具体策を実行するのみ!  例えば、 『ご飯を作っている時は子どもと遊ぶ お昼は11時30分から夕飯は17時から』  と、あやふやなこと、気を利かせなくてもできる具体的な事にすることです!  この例でのポイントは ご飯を作っている時だけの表記だと時間があやふやで、ご飯を作り出す時にパパの見る準備が出来ていない事があります。 そうすると「もう作ってるんだけど!気付いて行動しろよ!」と小言をいいたくなる場面がでてきますよね? 時間を決めると男脳は行動できるようになります。 もちろん時間が変わる時があります。 時間が変わる時は時間をはっきり伝えましょう!  あと、子どもを見ると言うと、携帯いじりながら見てるだけでも、『子どもを見る』ですよね? そしたら子どもが1人遊びに飽きて、「ママ〜」と足元に来てイライラ「ちゃんと見といてよー!」となりますね。  だから具体的に『子どもと遊ぶ』と言います。 ママがさらに気を利かせるならば『最近◯◯ちゃんこれ好きだからやってあげてー』とか言うと、遊びに集中してもらいやすく、パパの育児にも自信が付き一石二鳥三鳥となりますね! 事実の伝達が得意な男脳はちゃんと遊ぶように行動します。 さすがに遊びながらは携帯みないですよね? 暇やから携帯見るんですよね。。。   具体的というポイントを抑えて案を作っていくとだんだん怒る場面もなくなっていき喧嘩がなくなっていきます。  そして決め事がどんどん増えてきます。 もちろん、決めたことを最初から完璧にこなすことはできません。 お互い70%出来ることを目標にしています。  だいたい決め事は私からの提案が多くなってくるので、家庭内のバランスも半々とちょうど良くなり、私の満足度も上げられます!  是非自分がどうなったら嫌か、どうなったら満足かを客観的に観察してみてください。 そして、その満足度を上げられるようなパパへの提案をしてみてください。  最後に男の人は役割を与えられることが大好きです! こんなこと、お願いしても良いかなぁ?と思うことも案外率先してやってくれるようになりますよ!  ではでは!

    2021/4/19
  2. 片づけない理由

    1000人以上の子どもたちを指導した元小学校教員の歌原香菜です。 脳科学や行動科学、手相鑑定などを使って、全ての人が生きやすくなるお手伝いをしています。 今回のブログテーマは「片付けない理由」です! おもちゃで遊ぶことが好きな子は多いと思います。 でも使ったものを片付けずに、出しっぱなしにする…ということはありませんか? 「片付けてね」と言ってもやらない、という子もいるかもしれませんね。 片付ける=行動ができない時、次に挙げる3点があるかどうかがポイントです。 そのポイントを具体的に見ていきましょう! ①行動するための知識 おもちゃを片付けるために必要な知識はどんなことがあるでしょうか? ・片付けるとはどういうことをするのか ・片付けの手順はなんなのか ・どこに片付ければ良いのか etc… これらのことを知っておかないと「片付ける」ことはできません。 知っているだろうということも、もしかしたらわかっていなかった!という可能性があります。そんな時には、片付けはどういうことをどんな手順でするのか、を一緒に確認してあげてください。 ・おもちゃを片付ける(遊びを終える)時間がわかっているか ということも、ポイントです。なかなか片付けない子の中には、遊びを切り上げられず片付けないという子もいます。そんな時には、遊びを始める時にあらかじめ終わりの時間を予告してあげましょう! ②行動するための技能 おもちゃを片付ける技能、というとどんなことを想像しますか? 片付けている間に他のことに気をとられず、最後までやり切るというのは技能の一つです。掃除をしている時、昔のアルバムなどを見つけて、ついつい掃除の手が止まってしまった…ということはありませんか? 片付けるという目的を忘れることなく取り組めるか?というのは、大人でも難しい場合がありますよね。 例えばおもちゃを片付けている間にテレビがついて、面白そうな番組がやっていたら、お子さんによっては大きな刺激になって片付けるという目的を忘れてしまう場合があります。 他のことに気を取られていないかな?とお子さんの様子を観察してみると、新たな発見があるかもしれませんよ。 ③行動するための意欲 片付けたら良いことがある!ということがわかると、子どもたちは自発的に片付けをするようになります。 片付けた後におやつを食べる、次の遊びができる、というように、片付けた後に嬉しい・楽しいことが待っていることがわかると取り組みやすくなります。なので「片付けたら○○しようね」と予告をしてあげてください。 片付け自体を楽しい競争にしてもよいかもしれません。 全ての行動には理由があります。 「やらない!」にも必ず理由があります。 子どもたちの行動の理由を考えることで、どんな声のかけ方や教え方をすると良いかがわかりますので、ぜひその視点で見てみてください。 ・お子さんの発達や学習について、ちょっと気になること ・ママさんご自身のやりたいことや夢、目標を実現させるヒント ・その他、誰に相談したら良いかわからないお悩みなど 脳科学、行動科学、手相鑑定、タロット占いなどを使い、アドバイスをさせて頂いています。

    2021/4/18
  3. 夫婦関係がよくなるコツって?

    【夫婦関係が良くなるコツって?】 こんにちは。 今回のテーマは【夫婦あるある】です。 この記事を書くために、 最近の夫婦のことを振り返ってみたのですが、 このところオットが忙しくて帰りが遅く、 私も子どもと寝落ちしてしまったりして、 ちょっと会話が少なかったかも… と反省しています。 夫婦関係を良好にするコツというのを 検索してみると、 やっぱり「会話が大切!!」という記事が多く見られます。

    2021/4/17
  4. こどもとスピリチュアル

    こんにちは! 今回のテーマは『こどもあるある』!! ◆こどもとスピリチュアル

    2021/4/15
  5. 親なきあとに備える

    「親なきあとに備える」 はじめまして。田村と申します!田村健太で「たむけん」で覚えてくださいね

    2021/4/14

SPONSORS

PLATINUM SPONSORS

GOLD SPONSORS

  • 株式会社田中科学
  • 株式会社マルモット

SILVER SPONSORS