ブログ

Blog

理学療法士でボディコンディショングをしています東章代(ひがしふみよ)と申します。
レディースクリニックで週2日勤務し、ボディワークのレッスンや自宅サロンでコンディショニングをしています。


私には中学一年生の息子が一人います。かなり前になるので今では笑い話として言える事になっていますが、その頃はとっても悩みました。今回はそんな子供あるあるな話です。


息子は3100gで生まれたのですが、一ヶ月検診で5000gを超え、とってもビッグベビーに。体重は右肩上がりで九ヶ月検診で大きすぎるので専門の病院で検査をすることになりました。その頃はすでに離乳食も始めていてすんなり食べてくれていたので喜んでいたんですが「食べ過ぎ」と医師から検診で言われたことから私が気にし出して、息子はそれから離乳食をあまり食べなくなりました。作っても三口くらいで進まず・・・母乳のみで育ったと言っても過言ではありません。
一生懸命作った離乳食を食べてくれないのは本当にショックでした。市販のベビーフードも結構使いました。それでもあんまり食べてくれなかったです。私もいろいろ試してみましたが、レンジで作る蒸しパンとかうどんとかくらいを少しだけ食べてくれていたと思います。外食する時もうどんがあるところにばかり行ってましたから。


息子は一歳三ヶ月で保育所に通うことになり、それでも始めはお昼ご飯も食べなかったのです。でもお腹が空いたら食べますよね(笑)いつの頃からか保育所でご飯も食べるようになりました。今では好き嫌いなくなんでも食べるようになっています。あの時の私の悩みはいったい何だったんだろうとしみじみ思います。


初めての出産、初めての育児。自分が経験したことがないことばかりです。また育児雑誌(〇〇クラブとか)には何ヶ月で体重がどのくらいで何ができるようになると書かれてあり、自分の息子がそこに合っているかを比べます。私は職業が理学療法士なのでベビーの成長の過程は知識として知っていたから余計に息子が正常かどうかを当てはめて少しでも何かあると不安になりました。
専門の病院で検査したことをかかりつけの小児科の医師に伝えるとすごく笑って「歩くようになったらスリムになるから大丈夫よー」と言ってもらえたことでとても気持ちが楽になりました。
ベビーには必ず成長する力があります。早く成長する子もいればゆっくりな子もいてます。わかっていても不安になるのがママさんですが、ベビーの成長を信じて待ってみるのが一番の解決方法かもしれません。
私ができることはボディメンテナンスですが、同時に愚痴や不安を話すことで解消できる時間を作ることもしています。もし気になるようでしたら、お問い合わせください。

Instagram ID:mori_body