ブログ

Blog

【夫婦関係が良くなるコツって?】

こんにちは。
とにかく明るい性教育「パンツの教室」インストラクターの
やながわいずみです。


今回のテーマは【夫婦あるある】です。


この記事を書くために、
最近のやながわ夫婦のことを振り返ってみたのですが、
このところオットが忙しくて帰りが遅く、
私も子どもと寝落ちしてしまったりして、
ちょっと会話が少なかったかも…
と反省しています。


夫婦関係を良好にするコツというのを
検索してみると、
やっぱり「会話が大切!!」という記事が多く見られます。

少しでもいいから「会話」をする。


子どものことでも、
仕事の愚痴でも、
ママ友との関係についてでも、
半沢直樹についてでも
(やながわ夫婦は録画を一緒に観ています♡笑)
顔を合わせた時に、ちょっとでいいから話せるといいですよね。


私の友人には
「1日最低10分は2人で話す時間を取る!」
ということを決めている方もいらっしゃって、
とっても仲良しご夫婦です。
(憧れる!!)


会話をするということは、
自分の気持ちを相手に伝えるということですよね。


だから、
その時の「言葉選び」がとても重要!!


もし、感情の赴くまま、
感じたことをズバズバ話してしまったら、
相手をイラッとさせたり、
傷つけたり、
落ち込ませてしてしまうかもしれません。


はい、やながわは見事にやってしまっています。
最近、お腹が出てきた夫に向かって
「何そのお腹。見苦しい…」
「もう、おっさんやな。」
「ちょっと鍛えたら?」
と、傷つけることしか言ってません。
(酷すぎる…)

そして、その言葉の刃は見事に
ブーメランとなって自分に返ってきて、
自分をも傷つける結果になっています。
(産後、出たままのお腹が全然戻ってないので…)


なので、大切なのは、
【マイナスな感情の時には、あえてプラスの言葉を使うこと】


相手を傷つけず、
自分の伝えたいことを伝えるために、
プラスな言葉を選んで会話してみるんです。

先ほどのやながわの発言を
プラスに変換してみましょう!!


「何そのお腹!ゆるキャラみたい!」
「お腹が出てくるような歳になるまで
一緒にいるってことやな」
「健康のためにも、ちょっと運動してみた方がいいかもね」


……えー、やながわのワードセンスによって、プラスになってるのかどうかは
微妙なところですが、
こう言われて、グサグサと
えぐられることはないかと思います。


お腹が出てきた夫に対して、
本当に言いたいことは、
「見苦しい」とか、「おっさんになった」とか、
そんなことではなくて、
【自分のことをかえりみず、家族のためにいつもありがとう。
おじさんになっても一緒にいられて幸せ。
健康に長生きできるように、お互い体に気をつけよ!!】
ということです。
(随分良い様に言ったな。どんだけツンデレやねん)


しかしながら、
この言葉をストレートに伝えるのは、
やっぱり照れが出てしまうし、
なかなか言えないってことが
ありますよね。


それにしても、最初の言葉では、
カケラも伝わりません。
(酷すぎて)


プラスに変換した言葉の方が、
照れずに言えるし、
ちょっとニュアンスが伝わるかな…
と感じます。


せっかく、少しでも会話できるなら、
マイナスな言葉をぶつけるのではなく、
相手を励ましたり、元気付けるような
言葉をかけたいものです。


夫のみならず、誰かと会話する時は、
(特に子ども)是非ぜひ
【プラスの言葉を使うこと】を
意識してみてください。


自分へのブーメランも防げますし、
相手との関係も、グッと良好に
変えていけるのではないでしょうか。


どんだけ上手いこと変換できるか、
ということを楽しむのもいいかもしれません。
(大喜利的に!笑)


相手を変えるのは難しいので、
まずは自分から!!


イライラしていても、感情的になる前に、
ちょっとだけ意識したいな…
と思ったやながわでした。


とりあえず、夫に「おっさんやな」と
言うのはやめます。
同級生なので(ブーメラン!!)


本日もお読みくださり、ありがとうございます。

やながわ家の日常、
こんな記事も書いております。
https://ameblo.jp/izumiyanagawa/entry-12527541269.html
グダグダ夫婦の一幕で、
クスッと笑ってもらえたら嬉しいです。


とにかく明るい性教育「パンツの教室」
インストラクターの
やながわいずみでした。