ブログ

Blog

初めまして。
リボディ魚住の保育士です。

すっかり秋の季節になりましたね。
秋と言えば食欲の秋!!

今日のテーマは
「スプーン・フォークの持ち方」です。

ミルクから離乳食になったら
食べない、好き嫌いが出始めたなど
いろんな悩みが出てきますよね。

それぞれに対処していきたいですが
対処方法の1つとして
食事環境を整える必要があります。

今回は食事を進めていく中で使う
スプーンやフォークの持ち方を
お伝え出来たらと思います。

1:スプーン・フォークを持つ前に…
2:スプーン・フォークの持ち方
3:楽しい食事の時間を心掛ける

1:スプーン・フォークを持つ前に…
自分で食事を食べる発達の流れは
手掴み食べ→スプーン・フォーク→おはしの順番です。
まず、スプーン・フォークを持つ前に
手掴み食べはしっかりできていますか?

介助して食べていた離乳食初期のころから
自分で食事をするようになった時に
まず大切なのは手掴み食べです。

自分で掴んで口に運べる
握りやすいステック野菜や
つまみやすいサイズにされた食材を
子供が自分で食べることが大切です。

必ず食卓や床は汚れます。掃除も大変です。
でもそれでもやらせてあげて下さい♡
自分で食べられるようになった喜びが
食べる意欲に繋がります。

2:スプーン・フォークの持ち方
手掴み食べができるようになったら
次はスプーン・フォークを使っての
食事が始まります。

まずはスプーンの柄を上から
全体を覆うように握って持ちます。

これを「上手持ち」と言います。

この時スプーンやフォークがしっかりと
握れる太さのあるものを選んでくださいね。
柄の部分が細いと
しっかりと握れず食べにくい上に
それをフォーローしようとして
変な持ち方にもなってしまいます。

次に上手持ちと反対の「下手持ち」です。
下から全体で包み込むように握る持ち方です。
下手持ちになると口に運ぶときに
手首のスナップが必要になります。

そして最後が「三指持ち」です。
親指・人差し指・中指の三本の指で
スプーン・フォークを支えて持ちます。

これがまたなかなか難しいんですよね…。
持つ部分が違うとバランスよく持てずに
スムーズに食べられなくて
食べることが嫌になりがちです。

ただ、三指持ちがしっかりできると
おはしでの食事もスムーズですよ。

3:楽しい食事の時間を心掛ける
持ち方は②で説明した3ステップを
順番に踏んでいくことが大切ですが
子供はいろんなことに興味を示します。

手掴みもままならない頃から
介助する大人が使う道具に興味を示し
持ちたがる子供もいると思います。

手掴みがまだだから持ったらダメ!ではなく

違うスプーンを握らせてあげたり
一緒に握って食事をしてみたり
遊びの時間に渡して
思う存分楽しんでもらうのも1つの方法です。

自分で食べているときに
持ち方が違うと注意されると
楽しい食事ではなくなります。

あくまでも食事の時間は楽しく!!
嫌にならないようにすることが
食育のポイントです!!

いかがでしたか?
さらに詳しい内容はHPの
子育てお役立ち情報に載せています。
ぜひご覧ください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

大阪玉造
保育士がいる
産後専門骨盤矯正整体院
リボディ魚住
https://rb-uozumi.com