ブログ

Blog

こんにちは。

まま守り運営スタッフのかんちゃんです。

11月は別名『霜月』霜が降りる月。
ということで皆様、これから朝晩の冷え込みが厳しくなってきますので、体調管理お気をつけ下さいね。

11月のイベントといえば?

【七五三】

が頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

七五三は、昔々の平安時代から始まったとされています。

昔は、今のように医療が発達していなかったので節目、節目で子どものお祝いをしていたそうです。

男の子も女の子も3歳になったら、髪を伸ばし始める【髪置きの儀】


男の子は5歳になったら、袴を着始めるということで【袴儀】


女の子は7歳になったら、大人と同じ幅の帯を結び始めるということで【帯解きの儀】

そして、明治時代に大衆化し大正時代には今の形になったのだとか。

現在は、一般的に

3歳で言葉を理解し

5歳で知恵がつき

7歳で乳歯が生え変わる





とされていて、その節目をお祝いしているそうです。日本の古来から伝わる伝統行事、大切にしていきたいですね!

♢♢七五三って何するの?♢♢

七五三は、無事に成長できたことへの感謝と今後の健やかな成長をお祈りします。

近所の氏神様、もしくは大きな神社にご祈祷しに行くのが一般的です。(ご祈祷には予約がいる場合もあります)

男の子は、3歳と5歳女の子は、3歳と7歳の2回が一般的です。

昔は、数え年でしたが現在は、満年齢でも数え年でもどちらでもいいとされています。

我が家は、早生まれということもあり満年齢で行きました。

服装は、和装の方が多いですが最近では、洋装の方も見かけるようになりました。正装であれば、どちらでもいいと思います。

着慣れていない服を着ての移動、長時間の締付け、嫌がる子も中にはいます。

1つアドバイスをするとすれば‥

\普段履きの靴/

を履かせてあげてください。
履きなれていない草履や靴だと足が痛くなることもあります。ご祈祷の時だけ正装用の履き物に履き替えるのオススメです。

♢♢千歳飴♢♢

ところで、七五三といえば千歳飴をもらいますね。

子どもの健やかな健康と長生きを願ってわざと長くしてある飴なんです。

長い千歳飴、小さい子がそのまま食べるにはなかなか大変だと思います。

地域によっては、長生きを祈願したものだから切ってはいけない。というところもありますが‥

逆に『お福分け』として小さく切ってご近所に配る地域もあります。

私のオススメは、

\小さく切って『料理』に使う!/

千歳飴には水飴が使われていますので料理に使うとコクやツヤが出ますよ♡以下にレシピを載せておきますのでぜひ試して見てくださいね!

《千歳飴のアレンジレシピ》
•肉または魚   400g程度
◊千歳飴     1本
◊酒       大さじ2
◊みりん     大さじ2
◊醤油      大さじ2
◊水       90cc

※肉や魚が半分くらい浸かる程度の調味液が入っていなければ同割合で足してください。
◊の調味料は先に合わせておきます。千歳飴はレンジで溶かすか、鍋に入れて調味料と一緒に火にかけて溶かしておいてください。

①肉または魚の表面をフライパンで軽く焼き色がつくくらい焼きます。
②合わせておいた調味料を加え、煮汁が半分くらいになるまで煮詰めます。※この時に調味料を肉や魚にかけながら煮詰めるとツヤツヤに仕上がります。
③煮詰まったらお皿に盛って出来上がり♪

是非、試してくださいね♪